WeWによる新型コロナウイルス感染症への取り組みについて

 秋口になり、山口県も過ごしやすい日が続くようになってまいりましたね。外の空気がとても気持ちよく感じます。
 しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威はいまだにおさまりません。一時期ほどの息苦しさはなくなったとはいえ、ある程度の自粛や徹底した対策が現在も求められています。

 WeWにおいても、このコロナ禍の中で事業を運営していくため、様々な取り組みをしております。

コペルプラス周南久米教室における取り組み

 当社が運営する『コペルプラス周南久米教室』においては、先生や職員のマスク・フェイスシールド着用はもちろんのこと。
 入室の際に子どもさん、保護者さんともに手指アルコール消毒と、体温の測定をしていただいています。
 さらに療育を一回終える毎に、教室内の教材や机・椅子等を徹底的な消毒など、
 可能な限りの対策をおこなっております。

そもそも密になりにくい構造

 コペルプラスは1対1の個別療育を主としています。ご家族ごとに決められた時間帯に来ていただき、1時間の療育を行ってから帰宅されるというスタイルです。
 教室は3つあるため、一度に2人以上のお子さんを受け入れることもありますが、それぞれの教室は完全に仕切られております。
 ソーシャルスキルを身につける目的で集団療育等も行いますが、現在は人数を制限するなどの対策もしております。

 ぜひ皆様もお気軽に見学等おいでください。