WeWによる新型コロナウイルス感染症への取り組みについて

 秋口になり、山口県も過ごしやすい日が続くようになってまいりましたね。外の空気がとても気持ちよく感じます。
 しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威はいまだにおさまりません。一時期ほどの息苦しさはなくなったとはいえ、ある程度の自粛や徹底した対策が現在も求められています。

 WeWにおいても、このコロナ禍の中で事業を運営していくため、様々な取り組みをしております。

コペルプラス周南久米教室における取り組み

 当社が運営する『コペルプラス周南久米教室』においては、先生や職員のマスク・フェイスシールド着用はもちろんのこと。
 入室の際に子どもさん、保護者さんともに手指アルコール消毒と、体温の測定をしていただいています。
 さらに療育を一回終える毎に、教室内の教材や机・椅子等を徹底的な消毒など、
 可能な限りの対策をおこなっております。

そもそも密になりにくい構造

 コペルプラスは1対1の個別療育を主としています。ご家族ごとに決められた時間帯に来ていただき、1時間の療育を行ってから帰宅されるというスタイルです。
 教室は3つあるため、一度に2人以上のお子さんを受け入れることもありますが、それぞれの教室は完全に仕切られております。
 ソーシャルスキルを身につける目的で集団療育等も行いますが、現在は人数を制限するなどの対策もしております。

 ぜひ皆様もお気軽に見学等おいでください。

WeWの取り組み~コペルプラスについて

合同会社WeWの取り組みについて説明させていただきたいと思います。
WeWは発足したばかりの会社で、現在のところ一つだけ事業を行っております。
『コペルプラス周南久米教室』という名の、児童発達支援事業所です。

『児童発達支援事業所』は、障害のある未就学(0~6歳)の児童に対し様々な支援を行う施設です。
支援の内容はお子さまの発達段階や、施設によって様々です。ことばの発達の支援、運動療育など、それぞれに特化した施設もあります(より具体的な内容は親御さんが支援の専門家と相談したうえで決定されます)。

『コペルプラス周南久米教室』では
“1日1時間” “マンツーマンの個別療育” を基本として、発達段階に合わせた様々なバリエーションのレッスン・教材を用意しています。1時間だけ集中して、テンポも速く教材を次々と出すことで右脳の活性化を促すのが狙いです。

WeWが児童発達支援の事業を始めたのは、それが社会的にも大きな利益をもたらすものだと考えたからです。

幼少期における教育はとても重要です。脳が大きく成長するこの時期に、成長をさらに促すようなアプローチをすることで潜在能力を高められる可能性があること。
親御さん自身が子どものありのままを受け入れられるメンタルを、早いうちから作っておくことでその後の親子関係をより良好にできる可能性があること、等。

これらの理解が社会全体に広まることで、よりのびのびとした生きやすい社会を作ることができるのではないか。その考え方がWeWがこの事業をスタートしたきっかけになっています。

長い時間のかかることですが、一歩一歩進めていきたいと考えています。

                      WeW代表 金井智之

NPO法人あっとさんに会いに行きました

山口市のNPO法人あっとさん(代表理事・藤井智佳子さん)にご挨拶に伺いました。

山口市の子育てサークルから始まったあっとさんですが、最近はそこだけにとどまらず、県内の企業や行政に働きかけ、子育て世代の社会的な課題の解決に積極的に取り組まれている団体です。

女性の発想力と柔軟な行動力で、最近は、子育てママと企業とのをつなぐ「ママドラフト会議®」を山口市で開催し、注目を集めました。

先日うかがった周南市のハピママさんも、山口市のあっとさんも、子育てママ達のパワーには本当に目を見張るばかりです。

地方のママが元気だと、地域が活性化しますね。
これからも長く活動が続いて行かれるよう、応援していきます(H)

コペルプラス周南久米教室、見学・体験ご希望者受け付け開始いたしました!

6月2日より児童発達支援事業所・コペルプラス周南久米教室が開設いたしました。
体験のお問い合わせ等もいただいております。
まだまだ空きが十分ございます。
6歳までの子お子様の発達が気になる保護者の方は、気軽にご連絡いただけたらと思います。
はじめての通信もできあがりました。今後ともどうかよろしくお願いいたします。(H)

電話 0834-34-0530(10:00~18:00 日・月休み)
https://copelplus.copel.co.jp/school/shunan-kume/

Jamie NakamuraによるPixabayからの画像

保育士・児童指導員の募集が始まりました!

コペルプラス周南久米教室のオープンにあたり、保育士・児童指導員を募集しております。
周南地域初!未就学児の発達支援の専門療育施設です。
発達障害(自閉症スペクトラム・注意欠陥/多動性障害(ADHD)・学習障害等)の未就学の子どもさんと保護者の方に寄り添い、一緒に成長を喜び合えるような施設を目指しております。
思いを共有できる方、どうかオープニングスタッフとして一緒に働いてみませんか?

SNSはじめました。

ビジネスに欠かせないのがSNSですね。
弊社も徐々にですが、みなさまに知っていただけるようSNSを開始いたしました。適切な発信をこころがけ、みなさまと楽しく交流をしながら情報交換をしていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

Facebook

Instagram

Twitter

リニューアルしたハローワークインターネットサービスに求人を出しました

ハローワークのリニューアルサイトに児童発達支援管理責任者の求人を出しました。
求職者が見ることのできる画面は、少し変わりましたので、以前の画面になれている方は少し戸惑われるかもしれません。

紙の求人票はこんな感じで出すことができます。こちらも少し変わりました。以前は裏は地図くらいでしたが、情報量がふえた感じですね。

児童発達支援の仕事は一般にはあまり知られていない資格です。この求人を見た人が児発管の仕事に少しでも興味を持ってもらえればいいなと思っています。(H)